上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成24年8月22日~26日に上高地から槍ヶ岳~大キレット北穂高岳~上高地を縦走してきました。
槍・北穂高岳縦走_0598
その3日目の様子をレポートします。
3日目の行程は、槍ヶ岳山荘から北穂高小屋まで。その行程のうち大キレットの長谷川ピーク~北穂高小屋までのレポートです。

コース所要時間は以下のとおりでした。
24日:朝食5:00 槍ヶ岳山荘6:00発-大喰岳6:37-中岳7:23-南岳8:46-南岳小屋9:03~9:30-大キレット突入9:30-昼食11:00-長谷川ピーク11:46-A沢のコル12:12-北穂高小屋14:00 夕飯17:20(2~3順目)

さあ。長谷川ピークに来ました。
通過時刻は11:46
地図上では信州側から飛騨側へ乗っ越すとあります。

なんか剱岳のカニの横ばいより、カニの横ばいっぽい(笑)
槍・北穂高岳縦走_0601写真のに書いた通り上の鎖と岩に取り付き、下の足場をカニの様に進んで行きます。
で、写真奥の矢印ペンキの岩をまたぎ飛騨側へ。
槍・北穂高岳縦走_0602こいつを・・・
またぐ。(モデルOさん)槍・北穂高岳縦走_0603

そして自分が写真を撮っている足元はと言うと・・・槍・北穂高岳縦走_0604うへ~^^;
その箇所を通過途中のOさん。
槍・北穂高岳縦走_0605ってか奥のMさん余裕だな(笑)
本人曰く「まあ3年前の剱岳と同じだよ~。」
自分は剱よりこっちのほうがキツイと思うんだけど^^;
ちょっと通過経過写真をコマ送りで。
槍・北穂高岳縦走_0606

槍・北穂高岳縦走_0607

槍・北穂高岳縦走_0608


槍・北穂高岳縦走_0610この写真は決してしゃがんで撮っては居ませんのであしからず(笑)

しかし、落ちたら痛いだろうな・・・槍・北穂高岳縦走_0609
ここを信州側にまた廻りこんで・・・

槍・北穂高岳縦走_0611赤で書いた矢印通り進みます。
右手で鎖を持ち、ちょっと屈みながら進み、飛騨側下へ降ります。
槍・北穂高岳縦走_0613色が変わって居るところがみんなが歩いている岩です。
けど写真を見ても怖さ分からないだろうなあ?^^;
普通に立って歩いて風吹いてバランス崩したら、下まで一直線

飛騨側へ降りる箇所。
槍・北穂高岳縦走_0616今思うと一眼レフでよくもま~撮ったもんです(笑)
バランス崩したらまっさかさま^^;

槍・北穂高岳縦走_0617ここを降りたところでこの先行く登りをパシャリ!・・・どこをどう登っていくの?(笑)


槍・北穂高岳縦走_0621これを降りて・・・槍・北穂高岳縦走_0623

槍・北穂高岳縦走_0622橋を渡ったら・・・

槍・北穂高岳縦走_0625A沢のコル。12:12通過
ちょっくらここで10分休憩^^



さあ。行動食食べて集中力と体力回復!
A沢のコルの取り付き。槍・北穂高岳縦走_0627・・・ってか鎖は無いの?^^;写真右下のペンキは矢印なのでやっぱりここを登るのね・・・

これ下りの場合しんどそうだな~^^;

槍・北穂高岳縦走_0630え~っと。矢印が写真左下にありますね・・・これも鎖無しッスか。

下りじゃなくてよかった~^^;

槍・北穂高岳縦走_0631長谷川ピークを振り返る。

お~人が歩いてる歩いてる(笑)
長谷川ピーク切抜き1わかりやすいようにトリミング。(クリックするとちょっと拡大します)
落ちたら絶対死ぬよな~(笑)


よく他の人のブログに北穂への登りが、しんどいってありますが、ホントしんどいです^^;

槍・北穂高岳縦走_0636長谷ピーが下に見えるようになってきた。

槍・北穂高岳縦走_0639何度位なんだろう?45度くらいはあるのかな?
槍・北穂高岳縦走_0641人を入れるとわかりやすいですね^^


槍・北穂高岳縦走_0644ちょっとガスが出てきました。
槍・北穂高岳縦走_0645ちょうど人が居る所が、飛騨泣きの取り付きです。このとき時刻は12:51
槍・北穂高岳縦走_0646丸印の取っ手を取っ掛かりにして登ります。
そして赤の矢印の地点でカメラを下に向けて撮った写真がこれ。
槍・北穂高岳縦走_0647       怖!
槍・北穂高岳縦走_0648
取っ手箇所のアップ。槍・北穂高岳縦走_0650

これを上り終えたあと矢印と○印の通りに進んで行くと。

出ました!
槍・北穂高岳縦走_0651カニの横ばい(笑)(違!)

地図に危険マークがある飛騨泣きです。
槍・北穂高岳縦走_0652けれど数年前に取り付けられた足場がおかげで難なく進めました。

槍・北穂高岳縦走_0653いや~でも高度感は抜群なんですけどね^^;

飛騨泣き通過中をパシャリ!
槍・北穂高岳縦走_0654ノーファインダーのわりにうまく撮れましたね~。

槍・北穂高岳縦走_0656そして通過後。あまりの高さにMさん口あんぐりしてますね(笑)

槍・北穂高岳縦走_0657
飛騨泣きを振り返った写真。ほぼ垂直?

槍・北穂高岳縦走_0659あ~。ガスってきた。雨降らないと良いけど・・・

そしてまだ登るのね・・・槍・北穂高岳縦走_0662

槍・北穂高岳縦走_0665北ホあと200m!・・・ん?水平方向にあと200m?標高あと200mじゃないよね?どっち?


槍・北穂高岳縦走_0666うん。あと標高200mが正解かな(笑)

槍・北穂高岳縦走_0667さあ、あとちょっと!

槍・北穂高岳縦走_0668小屋が見えた!!

槍・北穂高岳縦走_0669ひ~。けど、あとちょっとがしんどいッス^^;

槍・北穂高岳縦走_0670
14:00ジャスト北穂高岳到着!!
いや~大キレット楽しかった!!
けどやっぱりA沢のコルから北穂の登りはキツかったな~^^;
タイム的には大キレット通過に4時間半かかりました。
南岳小屋の看板では3時間(山と高原地図では3時間半)とあったので、ちょっと時間食った感じですね。
まあ、安全に通過してきたということで

このあと、15:30頃から大雨!!
大キレット通過中にこの雨に捕まらなくて良かった~(汗)
と思ったら16:00頃韓国のツアーの一団が大キレットから登ってきた^^;
事故が無くて良かったね~。
しかし、この韓国の一団。この雨に捕まってなければ、穂高岳山荘行く予定だったとか。
うちらと同じ位の時間に槍ヶ岳山荘出て、この時間に北穂小屋到着の足で、なんて無茶な行程組むんだろう。
遅くに到着された小屋の人も、登山客もいい迷惑だよ。
とは言え、この一団のせいで北穂小屋の方も部屋を空けるため、早く到着したお客さんに「移動してもらえませんか?」とやってました。
どちらにしても迷惑かけてますが(笑)
けど、事故起こして迷惑かけるよりずっとましですね(笑)
ちなみに竹島の件があったせいか、ちょっと動かされたお客さんブツブツ言ってましたね。
・・・まあ、お気持ちは分かりますが^^;

北穂高小屋での出来事に続く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toritainohayamayama.blog.fc2.com/tb.php/8-02b2f37e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。