上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成24年8月22日~26日に上高地から槍ヶ岳~大キレット北穂高岳~上高地を縦走してきました。
槍・北穂高岳縦走_0615
その3日目の様子をレポートします。
3日目の行程は、槍ヶ岳山荘から北穂高小屋まで。その行程のうち南岳小屋から大キレットの長谷川ピークまでのレポートです。

コース所要時間は以下のとおりでした。
24日:朝食5:00 槍ヶ岳山荘6:00発-大喰岳6:37-中岳7:23-南岳8:46-南岳小屋9:03~9:30-大キレット突入9:30-昼食11:00-長谷川ピーク11:46-A沢のコル12:12-北穂高小屋14:00 夕飯17:20(2回目)
9:30大キレット突入!!
今回一番の難所です。
初通過です。無事通過できるかな?
・・・ドキドキ。
と思っていたら看板が・・・槍・北穂高岳縦走_0547おどさね~でくれよ^^;

看板を過ぎてちょっと登った所で、小屋の屋根で布団を干している小屋番の方が・・・
「おーい!ダメダメ!!」
え?なになに!?うちら大キレット行っちゃダメなの?^^;;;
大キレット行くならストックしまって!!」
後ろを振り向くとうちらのちょっと後ろでストック使っている男性が注意されていました

だから!!おどかさね~でくれよ!!

すみません。ビビリで^^;
ちなみに注意していたのは日野さんでしょうか・・・
槍ヶ岳山荘グループの南岳と岳沢のブログに名前出てきますね~。

気合を入れ直し。
槍・北穂高岳縦走_0549大キレット入り口です。


槍・北穂高岳縦走_0551ここから見る北穂はかっこいいですね~。

槍・北穂高岳縦走_0553下り始めて5分。いきなり鎖場です。
ってかザレてて嫌~(><;)
槍・北穂高岳縦走_0554鎖があって助かりました^^;

槍・北穂高岳縦走_0556しかし、まあ。何度みてもかっこいいな~・・・また槍とは違った良さがありますね!

槍・北穂高岳縦走_0558
ザレ場が終わると今度は大きな岩の下り。

浮き石を掴まないように気をつけて・・・
槍・北穂高岳縦走_0561
しかし、まだ序の口なんでしょうけど、やっぱり大キレットって普通のとこだったらありそうな鎖が、無いって箇所が所々ありますね。ま~いけなくも無いのだけど^^;槍・北穂高岳縦走_0563こいつを下って写真の右下の方向へ行くと・・・


槍・北穂高岳縦走_0564お!ハシゴだ!2つあるはずだから1つ目ですね。
槍・北穂高岳縦走_05651つ目クリアー。
長いですが、しっかりしていてまったく怖くありません。槍・北穂高岳縦走_0566横から写すとこんな感じ。
1本目のハシゴを下りると結構下った感が。槍・北穂高岳縦走_0571

槍・北穂高岳縦走_05731つ目を下ってちょっといくとすぐに2つ目のハシゴ。
この2つ目をクリアし、ちょっと下ると平らな休憩スペースがあります。
写真だとこの上の5枚戻った写真左下側のあたりですね。
そこで少し休憩。
ちなみに2本目のハシゴ下ると、すぐまた鎖です。槍・北穂高岳縦走_0574



槍・北穂高岳縦走_0575平らな休憩場から先はちょっと高度感のある普通の登山道といった感じだ。
槍・北穂高岳縦走_0577こう見ると結構下ったな~。
槍・北穂高岳縦走_0580結構高度感あるんですよ。写真じゃ分かり難いですが。
↑の写真を奥まで行って振り返って撮ると・・・槍・北穂高岳縦走_0581
こんな感じなので強風が吹いたら
・・・ま~歩きたくありませんね^^;

槍・北穂高岳縦走_0583お腹へった~。
長谷川ピーク行く前にご飯食べようぜ!!
というわけで、10:58最低のコル手前にちょっと座れるスペースがあったので、槍ヶ岳山荘で頼んだお弁当を食べる。
おこわのスティックおにぎりといった感じだ。槍・北穂高岳縦走_0587
量は槍沢のお弁当のほうが多かったかな・・・

槍・北穂高岳縦走_0589 11:16 お昼ごはんを食べ終え進むと最低コルと思われる場所に到着。ここが最低コルと分かる看板は無かった。
ここから登りだ。槍・北穂高岳縦走_0590


槍・北穂高岳縦走_0598 11:46 お~。ここが長谷川ピークか。
途中出会った人が長谷ピーって略してた。
それを聞いて以来うちらの仲間内で長谷ピーがちょっと流行りました(笑)

ここからは夢中でした。
まだまだ核心部はこれから。なかなか完結しませんね^^;
また改めて続きを書きたいと思います。
ということで、次につづく。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toritainohayamayama.blog.fc2.com/tb.php/7-167d85d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。