上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H24.11.17~19にかけて大阪、京都に行ってきました。
ちょっと山から離れて旅行のお話を。
京都大阪_0452
11月18日
京都に行ってきました。1日目の後半です。
京都大阪_0412叡山電鉄を使って出町柳駅から一乗寺駅へ。

京都大阪_0414一乗寺で降りて山側に行くと、宮本武蔵VS名門吉岡一門の決闘で有名な一乗寺下がり松があります。

さらに坂道を登っていくと詩仙堂があります。
ここはスル~して、圓光寺へ。
詩仙堂と圓光寺は去年の11月12日に行って、紅葉微妙だったので、今回リベンジなのです。
京都大阪_0565これから行く圓光寺は京阪電鉄のポスターになってました。
あと、確かJR東海のテレビCMでも出てた様な。

京都大阪_0416 14:45圓光寺に到着です。
京都大阪_0418玄関の襖絵。

左京区一乗寺小谷町。1601年(慶長6)徳川家康公は文治政策として閑室元佶(かんしつげんきつ)師を招いて伏見に学問所を開いたのに始まり、圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字(重文)が現存する。1667年(寛文7)現在地に移転。明治維新で荒廃したが、尼衆専門道場として再興された。現在は南禅寺派研修道場として坐禅会などが実施されている。また庭園は新緑・紅葉時に美観を呈す。絹本着色元佶和尚像・紙本墨画竹図屏風(重文)は円山応挙筆。臨済宗。
なお、本堂前には水琴窟が設置され、妙音を呈している。
だ、そうです。

京都大阪_0422今回は、最盛期だ!!

ちなみに去年はと言うと・・・
京都大阪_0001こんな感じ。(H23.11.12 14:45撮影)
そして今年は。
京都大阪_0452色づきが全然違います!!

京都大阪_0445足を広げて、ぼけ~~~っと見ていたい景色ですが・・・
京都大阪_0455写真を撮る人でいっぱいです(笑)
京都大阪_0425光の具合的には13時~15時の間に来るのがいいのだろうけど、人があまり居ない朝早くに来ればのんびり見れるのかな・・・
ちなみにお寺の方が常時張り付いていてくれて、「真ん中だけ座らないで~写真撮る人居るから空けてあげて~。」と配慮してくれたので、非常にあり難かったです^^

今度は外に出てみます。
京都大阪_0423晴れているのに雨がポツリポツリ。
これは水琴窟。手水鉢の近くの地中に作りだした空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛けです。
写真には写っていませんが、手前に竹筒が出ていて、そこに耳を当てると涼しげな音が聞こえます。

京都大阪_0477ここの庭はコンパクトな庭ですが、飽きない庭です。

京都大阪_0482そして赤の絨毯。

京都大阪_0498緑のコケと紅葉のコントラストがまた・・・

京都大阪_0486掃除大変そうなんて考えてはいけません(笑)

京都大阪_0490しかし、落ち葉が綺麗なんて思ったのは、カラマツの落ち葉が西日受けて金色に輝いてた時以来だなぁ~。。。

京都大阪_0505まだ緑色のモミジも赤い落ち葉をバックにすると非常にいい感じです^^

京都大阪_0514落ち葉と幹だけシンプルに。

京都大阪_0516少し目線をあげると上も下も紅葉が。

京都大阪_0547お寺の入り口付近は西日を受けて葉が輝いています。

京都大阪_0553京都に行く機会があれば圓光寺行ってみてください。お勧めです!

さて、16:00・・・まだちょっと早いですが、夕飯食べようかな。この後、貴船に行く予定だし。
ということで、ラーメン屋を探す。
一乗寺は京都の中でもラーメン激戦区らしいですよ^^b
携帯のネットでラーメン屋を探すも、有名そうなお店は18時からとの事。
ぶらぶら歩いて店を空けているところに突入!
京都大阪_0560「豚人中まる」というお店に入りました。
京都大阪_0561とこ豚骨を注文。
自分豚骨ラーメンってたまにアンモニア臭いのがあって、苦手なやつもあるんですが、これはそんなことも無く、
スープも深みがあり、おいしかったです。
このお店のメニュー制覇したいな~って思えるお店でした!

一乗寺から電車に乗って貴船へ。
貴船ではライトアップの写真を撮りたくて行きました。
ってゆーか貴船着いたら雨降ってるんですけど^^;
・・・さすが山。
京都大阪_0623こんな感じで川の中もライトアップしてます。

京都大阪_0621道沿いもライトアップ。

京都大阪_0620これを撮る為に三脚持って来ました^^;

京都大阪_0615ってか雨降って道が濡れてるから、それを反射した光が綺麗。これはこれで有りですね^^

京都大阪_0597で、一番撮りたかった写真。
なんか大したこと無い?プロが撮った写真だと、もうなんかこう・・・よさげに見えるんだけど(笑)

京都大阪_0608境内の中へ。境内の紅葉は見事でした~。

京都大阪_0610貴船神社
水の供給を司る神「たかおかみのかみ」を祀り、歴朝はじめ現在も農漁業、醸造業者らの信仰が厚い。社殿は1055年(天喜3)元々の御鎮座地より現在の本宮の地へ移されたという。旧社殿地に奥宮がある。水清く老杉繁る京の避暑地。6月1日は「貴船祭」。この日は神輿が貴船町内を練る。また、奥宮にある船形石では、地元の子供たちが「おせんどんどん」と唱えながら船形石をめぐる「千度詣」や、出雲神楽の奉納などが行われる。
また、縁結びの神としての信仰もあり、小説や漫画の陰陽師による人気もあり、若いカップルや女性で賑わっている。その一方で縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名である。ただし「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻」に貴船明神が貴船山に降臨したとの由緒から、丑の刻に参拝して願いを掛けることは心願成就の方法であり、呪咀が本来の意味では無い。
へ~。うちの近くにも貴船神社があるけど、貴船神社って縁結びの神様なんですね~。。。
(去年うちの近くにある神社の総本社だからってことで、お参りに来てみたけど、ご利益無かったけど~。(ーヘー))
あと丑の刻参りかぁ^^;

京都大阪_0611ってことはこの写真撮った時何やってるのかな~?と思ったけど、若い男女が多そうだから縁結びのお参り?


京都大阪_0624 19:30さて、貴船口駅から今夜の宿に向かいますよ~。


と。思いきや、宿の近くに伏見稲荷神社があったので、突撃です。
京都大阪_0634赤いですね~。時刻は20:30

京都大阪_0638

京都大阪_0641お稲荷さん。写真撮ってて、低級霊に祟られない様に写真撮らせていただく前にきちんと、二礼二拍手一礼いたします。

京都大阪_0642人が全然居ないもんだからちょっと怖い^^;

京都大阪_0647写真撮ってると、山の方から「ガサゴソ、ガサゴソ・・・」動物なんだろうけど・・・^^;

京都大阪_0651しかし、異空間につながってそうな感じ。

京都大阪_0653この二股の分岐なんて人生の分岐?みたいな^^;
写真撮ってるときは、空気が張り詰めている様な気さえしました。。。(夜になって寒くなっただけかも知れないけど)
京都大阪_0654上の写真の緑色のやつはレンズのフレアですので。心霊写真じゃないですよ(笑)

京都大阪_0655さて。これ以上進むの怖いからか~えろ^^;
帰りも「二礼二拍手一礼」写真撮らせていただきましてありがとうございました!!



京都大阪_0660で、宿に着いたのが21時半。
出町ふたばの豆大福食べる暇なかったので、宿の部屋でゆっくり食べました。京都大阪_0661う、うまいよこれ!!
中の餡があまり甘くないのが良い!!
で、ほのかに塩味がするのだけど、それが餡の甘みを引き立ててる!!
また、餅のもっちりした感触と豆の歯ごたえ。
・・・な、なかなかやりますなぁ~。。。
30分並ぶの良く分かります・・・。
2つぺろっと行っちゃいました♪
ってか3つ目が食べたい・・・^^;

3日目につづく
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toritainohayamayama.blog.fc2.com/tb.php/40-7a8a253d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。