上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成24年7月27日~29日山形県の鳥海山に行ってきました。
鳥海山_250その2日目の大物忌神社から新山山頂、登山口までの様子をレポートします。

平成24年7月28日:鳥海山荘6:00発-湯の台登山口6:24-滝の小屋6:59-河原宿小屋8:00-大雪渓8:40-伏拝岳10:56-行者岳11:18-大物忌神社11:45-昼飯→新山13:04-大物忌神社13:30-伏拝岳-大雪渓16:00-河原宿小屋16:48-滝の小屋-湯の台登山口18:22-辰ヶ湯旅館20:00

参考:標準タイム 湯の台登山口~山頂4時間20分 山頂~湯の台口3時間20分 往復7時間40分
大物忌神社に到着したのが11:45
お昼ごはんを12:25頃食べ終え12:30新山へアタック開始。
鳥海山_199お?なんか青空が!

鳥海山_204大きな岩の登りです。

鳥海山_211 Rさんはこの岩の登りは苦手なようで苦労されてました。

鳥海山_210WさんとTさんは余裕そうです。

鳥海山_205やっぱり視界が晴れるといいなぁ♪
鳥海山_213小屋から視線を右にずらすとこの様な景色。
この雪渓は「千蛇谷雪渓」という名前が付いている様です。・・・千匹も蛇がいたら嫌ですね^^;
鳥海山_214なんか岩に名前を彫ってあります。・・・あまり良くないですよね。こういうことって。

鳥海山_215自分は子供の頃からこういう大きい岩の登山道って結構好きだったり^^
追い抜いて写真とってみたり

鳥海山_222外輪です。あそこの外輪歩きは下の街が見えるときは気持ち良いだろうな~

鳥海山_225勾配が緩くなってきました。

鳥海山_229山頂が見えました。・・・ってか一回下るんだ^^;

鳥海山_233大切通し岩だそうです。
自然の造形って凄いな~鳥海山_238

鳥海山_241
自分は大切通し岩を抜けた所で待機

鳥海山_246山頂から顔を出してもらいました(笑) はいチーズ!
写真を撮ったら急いで山頂へ。

13:04鳥海山山頂到着

ってか山頂狭っ! ・・・三脚持ってきたけど脚広げられないじゃん^^;三脚持ってきた意味ね~^^;
(この鳥海山登山で一回も三脚使いませんでした^^;た、単なる無駄な重しを山頂まで持っていった訳です

ということで、山頂に来た人に撮って貰いました^^;
鳥海山_249山形県で一番高い山。そして日本100名山「鳥海山」山頂2,236mです。

鳥海山_250お~北側はうっすらだけど街まで見えますやっぱり青空は良い!!

鳥海山_252外輪山の七高山

13:10山頂を楽しんだら下山です。
下山は登りと違うコースを選択しました。鳥海山_264ってかガスってきた・・・

鳥海山_265登りは左回り、下りは右回り(七高山側)で下山。こっち側は雪渓が残ってました。

大物忌神社に戻った頃は真っ白な世界に逆戻り^^;
雨は降っていないのですが、ガスと風でレンズが真っ白になり水滴が付く始末^^;
仕方なくザックにカメラを入れて下山です。
でも、山頂に立ったときだけ晴れるなんてなんて運が良いのかも?(笑)



で、いきなり小雪渓渡りきったところの写真です鳥海山_267この時時刻は15:07
ってかRさん登りのときとまったく同じところに座ってアイゼンの脱着してますがな(笑)

鳥海山_269小雪渓からしばらく下ると、登ってきた時大雪渓から復帰した場所に差し掛かる。
下山は正規ルートで。

鳥海山_272正規ルートはお花いっぱい! チングルマ

鳥海山_273マイズルソウ

鳥海山_274シモツケソウ
鳥海山_275 

鳥海山_278正規ルートの登山道はこんな感じ。
鳥海山_279チングルマとミヤマキンバイの群生

鳥海山_282ミヤマキンバイ

鳥海山_285こちらのルートは本当に花が多いな~。

鳥海山_284雪渓横断と書いてありますね・・・

大雪渓16:00鳥海山_286おぉ・・・ろ、ロープがちゃんとあったのね^^; 見逃していましたよ^^; ってかそれだけ真っ白だったんです。(遭難するとこだったのかも
大雪渓・・・正規ルートだと小雪渓と同じくらいしか歩かないのね^^;
ほんと「横断」でした。
ちなみに登りは縦断(笑)

鳥海山_290雪渓を渡り終えると、見覚えのある道に出ました^^

鳥海山_291 16:48河原宿小屋

八丁坂を下ります。
鳥海山_299風が強い強い。でもちょっとこの写真好きだったり

鳥海山_302ヤマハハコ

鳥海山_300晴れた日にもう一度来たいな~・・・

鳥海山_311ガスが上がって視界が開けてきました!!

鳥海山_317滝ノ小屋が見えた!

鳥海山_321登りは横堂方面から登ってきたので、帰りは違う登山道を選択

鳥海山_323こちらはまだ雪渓が残っています。

鳥海山_328画面中央右にうっすら見えるのが、滝ノ小屋の名前の由来になったであろう、白糸の滝。

鳥海山_329ってゆーかこっちの登山道完全に川になってるんですけど^^;
道理で登りのときにこっちの道が目に入らなかった訳ですよ^^;
鳥海山_331奥に見える登山道を左に抜ければ滝ノ小屋
この時点で時刻は18:00

鳥海山_337 18:22登山口到着!!
お疲れ様でした^^;

え~っと・・・15:30到着予定の計画で1時間出発が遅れたのだから、約2時間のオーバーか。
次回の計画の参考にせねば・・・

鳥海山_338おお~朝は真っ白で何も見えなかったけど、見えるようになってる。
ってか、駐車場「ブヨ」がいっぱいいました。
少しでも動くのを止めると集って来ます^^;
今思い出すだけでも恐ろしい・・・
帰りの道を下る車の中では、車内に入ってしまった「ブヨ」退治で大変でした

そして今日の泊まりは辰ヶ湯温泉旅館
到着したのは20時頃。途中で日本酒買ってたら遅くなりました
遅くなってすみませ~ん
部屋に入って着替えを出しお風呂に入ったら、即夕飯です♪おなか減った~~~。

Rさんの大学時代の先輩のご両親が経営されているそうで、超ご馳走を出してくれました。
ありがとうございましたm(_ _)m
Rさんの先輩もご両親もすごく優しい人でした^^鳥海山_342ザックの中に入れておいたカメラを出したら、レンズが曇る曇る1枚撮ったらすぐに電源切ってほったらかしに。

下界はこの日暑かった~(>o<)山の上が涼しかったから特に暑く感じました^^;

で、この料理。魚は酒田に上がった物で野菜はご両親が作っているもの、裏の山で取れた山菜だそうです。
凄くおいしかった~~♪
泊まるなら春がおすすめだそうです
なぜなら春は山菜の種類が豊富で、とてもおいしいんだそうですよ^^
あと、「だだちゃまめ」がすご~~~~い美味しかったです!!
この大ご馳走を前にして、「俺、このだだちゃまめと酒があれば他いらないかも!」と思うくらい!!
関東で食べる枝豆と味の濃さが全然違うんですよ!!
で、極めつけが、昨日の鳥海山荘でも出た、つや姫のごはん!!
鳥海山_347これが、また、うまいのなんのって!!
山登って帰ってきて、温泉とご馳走と美味しいお酒にありつけるって本当に幸せだ~

こういうのを贅沢って言うのかもしれない(笑)

そうそう。途中で買ってきたお酒ってのが「初孫」って日本酒でこちらも非常に美味しいお酒でございました。

3日目に続く
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toritainohayamayama.blog.fc2.com/tb.php/19-7792abbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。