上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成24年7月27日~29日山形県の鳥海山に行ってきました。
鳥海山_199
その2日目の登山口から大物忌神社までの様子をレポートします。

平成24年7月28日:鳥海山荘6:00発-湯の台登山口6:24-滝の小屋6:59-河原宿小屋8:00-大雪渓8:40-伏拝岳10:56-行者岳11:18-大物忌神社11:45-昼飯→新山13:04-大物忌神社13:30-伏拝岳-大雪渓16:00-河原宿小屋16:48-滝の小屋-湯の台登山口18:22-辰ヶ湯旅館20:00

参考:標準タイム 湯の台登山口~山頂4時間20分 山頂~湯の台口3時間20分 往復7時間40分

・・・予定では15:30には登山口に戻ってくるはずだったのだけどなあ^^;
map.gif
鳥海国定公園観光開発協議会さんのホームページより地図を拝借
地図右下の湯ノ台口から登山を開始しました。
本当は象潟口から登りたかったのですが、3週間前に大物忌神社に連絡したとき、既にこの日はもう満室とのことなので、宿泊を断られてしまいました。ということで日帰りに設定。最短時間で登って帰ってこれる湯ノ台口から登ることになりました。

朝4時起床(自分はね^^;)鳥海山荘に作ってもらった朝食のお弁当を食しながらオリンピックの開会式を見る。
え~と。湯ノ台口に5:00に行きたいのに、先輩方起きてくれない^^;


で、その5:00にやっと起きてくれました(笑)

先輩方が朝食食べたり、荷物作ったりで6:00に鳥海山荘出発!

湯ノ台登山口に6:24に到着鳥海山_081昨日あんなに晴れていたのにガスガスです
ただ、雨が降っていないので良しとしましょう。
駐車場は50台くらいとめられるのかな?
こんな天気でしたが、駐車出来るスペースは自分らがラスト10台位でした^^;
鳥海山_084で、Wさんのストックの先からTさんのストックの先まで行きます。
6:35登山開始!
鳥海山_086 最初はうっそうとした樹林帯です。
カッコウ間違えました^^;ウグイスが「ほ~ホケキョ!ケキョケキョケキョケキョ・・・・」と鳴き、なかなか癒される登山道です。
鳥海山_087滝の小屋手前に出てくる橋

鳥海山_091滝の小屋7:00到着
鳥海山_090大雪渓ガスがかかると迷いやすい
今日ガスってるんですけど^^;

鳥海山_095滝の小屋からすぐ登った所の分岐です。帰りは写真の方向に下りました。
このあたり、足元に笹や草が生い茂っていて、水滴でびしょびしょになりました^^;
スパッツ持って来ればよかったなぁ・・・

八丁坂を登っていくと、お花畑に出ました。
山と高原地図「鳥海山 月山」によると、お花畑が美しい 展望が良い とあります。
ガスで展望はまったくダメでしたが、お花畑は中々のものでしたよ^^
ただ、風がこの日は強くて、花を撮るとぶれてぶれて大変^^;
鳥海山_097ミヤマトウキ
相変わらずセリ科の植物の名前を特定するのは面倒です^^;
葉の形からたぶんミヤマトウキになるんじゃないかな~
鳥海山_100クルマユリ

鳥海山_108ニッコウキスゲ

鳥海山_101ミヤマトウキとトウゲブキの群落
晴れてれば綺麗なんだろうな~・・・
鳥海山_110 8:00河原宿小屋に到着
ここは小屋鍵がかかってて中に入れませんでした。
避難したいとき出来ね~^^;

小屋の前は小川が流れており、水辺特有の植物が咲いておりましたよ鳥海山_116
鳥海山_112 イワイチョウ

鳥海山_113チングルマ

鳥海山_111
鳥海山_127 ミヤマキンポウゲ

小屋からしばらくはなだらかな湿地帯を歩きます。
そして15分位歩くと大雪渓が見えてきます。

8:44大雪渓到着
アイゼン付けないで雪渓を行ってる人が居たので、アイゼン付けなくても行けるかな?と雪渓に乗った瞬間。
鳥海山_117痛って~!
コケましたそれも派手に^^;
ちょうど雪が解けて氷化しているところ乗りまして、すて~ん!と前に転びました。
手から血は出るし、ドロドロになるし。
しかも最悪なのは一眼レフ首からぶら下げてたので、「やばい!!」
上の写真は、カメラ大丈夫か?ピントずれ起こしてないか?AF効くか?ってかちゃんと撮れるか?
と確かめていた写真です^^;
なんとかカメラは大丈夫だった様です
家に帰ってから確認したところレンズの偏芯も起きていなくてホッとしました

で、その後ちゃんとアイゼンを装着し、鳥海山_118真っ白な世界をひたすら登っていきます。

もうどっち行ったらよいか分からなくて、前を歩く人にくっついて行きます^^;
鳥海山_119なんか前を歩く人も半信半疑で歩いていたようで、雪渓が終わったところは登山道ではありませんでした
大雪渓を登り終えたのが9:34鳥海山_121この2つ上の写真を右の方向に進むと正規の登山道に復帰出来ました。
いや~。雪渓歩いている時は不安で不安で仕方なかったです^^;
地図見ても今の雪渓の形とは違ってさっぱり分からないし、
小屋で下山してきた人に話し聞いても「私もどこ歩いていいかさっぱり分からなかったんですよ^^;」
と言われるし^^;
とりあえず「進行方向右側(登りだと左側)の土と雪渓の境が見えるところを歩いてきました。」
と言う言葉と前を歩いている人を信じ登りましたが、初めて登る山で雪渓の上でのガスは怖いですね。

正規の登山道に復帰すると、鳥海山_124アオノツガザクラ

鳥海山_125イワカガミ
高山植物が展望の無い世界で楽しみを与えてくれます。

9:55しばらく行くと小雪渓が出てきます。
鳥海山_128行く先が見えると安心します。Rさんはアイゼン装着。男性陣はストック頼みで特攻^^;
みんな、なんとかコケずに済みました^^

鳥海山_130ガスが晴れたと思ってもすぐガスります
小雪渓の写真ですが、大雪渓もこんな状況でした^^;

10:13小雪渓が終わった所の案内鳥海山_133
これから登る坂は薊坂(あざみざか)と言うそうです。
ここから稜線の伏拝岳まであと30分!(標準タイムでね・・・)

ここで、O隊長からメールが!
登山計画書を渡していたのでそれを見てメールを下さったのでしょう。
「山頂到着しましたか?」
え~っと・・・まだ稜線にも立っていません^^;
メンバーの足を考慮しても標準タイム1時間オーバーの5時間20分と想定して、10:20に山頂到着と設定したのですが・・・まあ仕方ないですね^^;出発も1時間遅れたし。
あ。ちなみに自分au使ってるのですが、ギリギリ1~2本立ちますね。この山。

鳥海山_136ミヤマダイモンジソウ

鳥海山_147ハクサンフウロ

鳥海山_144ミヤマキンポウゲ 蜜はおいいしいですか?(笑)

鳥海山_146ヨツバシオガマ

鳥海山_153マルブキダケ(たぶん)トウゲブキと見分けがつかないんですよね^^;

鳥海山_159ハクサンシャクナゲ

鳥海山_161ハクサンシャジン

鳥海山_170伏拝岳(ふしおがみだけ)10:56到着
稜線風が強~~~~~い
気を抜くと飛ばされそうです

稜線に出るとイワギキョウがお出迎え鳥海山_175
鳥海山_171

鳥海山_176イワブクロ

しかし本当に花の種類の多い山ですね~

鳥海山_173
花が無かったら何の楽しみも無い山登りでしたよ・・・ほんと・・・
途中途中仏像やら祠が。鳥海山_174

鳥海山_180 11:18行者岳到着
ここ、風の通り道になっている様で、風が強いの何の^^;;;
前を歩いているTさんの先はハシゴがあるのですが、風が強いのでカメラ一旦を仕舞いました。
なのでハシゴの写真は撮りませんでした^^;

大物忌神社まであと少しです。鳥海山_181

このあたりに咲いていたのが・・・
鳥海山の固有種であるチョウカイフスマです 鳥海山_178
鳥海山_183ちっちゃくてかわいい花です^^


鳥海山_187イワベンケイ
このイワベンケイの先を少し下り鳥海山_188見上げると・・・鳥海山_189大物忌神社と新山山頂が見えてきました!

鳥海山_192この先の岩の階段を上がれば大物忌神社です。

ゴクロー鳥海山_194ありがとうございます(笑)


鳥海山_195今来た道を振り返ると、落石が頻繁に起きてそうな危ないところですね^^;


鳥海山_197 11:45大物忌神社に到着!!
・・・今登っても、な~んにも見えないので山頂アタックの前に昼食をとることに。

長くなったし、ちょうどきりが良いので、とりあえずここまで。

新山アタックは次に続く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toritainohayamayama.blog.fc2.com/tb.php/17-66094900
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。